私とカートゥーンと鈴と。: 5匹のプーさん Winnie The Pooh

5匹のプーさん Winnie The Pooh



 実写版くまのプーさんこと新作ディズニー映画、『プーと大人になった僕』が公開が迫る中、一つ気になることがある。

 誰がプーさんをやるのかということ。

 くまのプーさんの声優は5人存在するのだが、その全員が死去か引退している。しかも、ミッキーやミニーのように後任の報せもない。

プーさんの声の条件として挙げられるのがこちら。

 前者のプーさんと同じような声の人
 絶対に優しいと思える声の人
 人間と思わせない様な声の人
 
 今後のプーさんの声優になるかは不明なので、今回は今迄にプーさんを担当した吹き替え声優について書こうと思う。




山田康雄
 劇場公開版・ポニー版 


 初代プーさん。担当したのは第一作の『プーさんとはちみつ』のみで『プーさんとはちみつ』、『プーさんとティガー』、『プーさんの大あらし』の3つが収録された完全保存版では聴けないレアなプーさん。優しそうな特徴もあることにはあるが、クリント・イーストウッドやルパン三世で聞くダンディな雰囲気が強い。他のプーさんにある少しトボけたような声色はない。初代ながらも唯一無二の魅惑的な声を持つプーさん。本編を見終わった頃には、彼の声に何ら違和感を持たないから声優の力ってスゴい。
下記の画像のプーさんのVHSは貴重。
 

牛山茂 バンダイポニー
 日本支社がまだなかった頃の声優。担当したのは、『くまのプーさん完全保存版』『プーさんとイーヨーのいち日』。ディズニーランド等の映像作品以外で利用されたは不明。プーさんの旧吹替えというとだいたいこの人イメージ。声質は、ぽっちゃり系の好奇心旺盛なのっぽの少年が気軽に話しているような印象。2018年現在でも声優業は現役で、かぬか光明氏の後任が決定するまでプーさんの声を持つ唯一の生存者だった。



吉村よう
 ブエナ・ビスタ版初代声優
 日本国内にディズニー支社(ブエナビスタ)が創設され、バンダイから権利元が移る過渡期の声優。ディズニー以外の彼の代表作は『タイニートゥーンアドベンチャーズ』のハムトンや、『ついでにとんちんかん』の主人公・間抜作など。
 『完全保存版』、『プーさんとイーヨーのいち日』、TVアニメの『新くまのプーさん』第一話と第16話でプーさんを演じた声優。TV等の放映では、八代駿氏をメインにした配役で再録が行われたため、彼が主演のTVアニメが視聴できるのはVHSのみ。バックス・バニーの旧声優である富山敬氏が演じるラビットを知っている方なら聞いたことがあるかも。なお、『新くまのプーさん』の収録時に彼は体調をかなり悪化させており、1話と16話はアフレコは奇跡的なものだったとか。

1991年に37歳の若さで死去。年齢を考えるとつくづくおしい。


 


八代駿
 ブエナ・ビスタ版二代目声優
 ブエナ・ビスタ版の声優。2002年までに制作されたプーさんの全ての作品や、宣伝や遊園地等で使用された。日本では最も有名だと思われるプーさんの声優。意外なことに、山田康雄氏のプーと同じくらい原語版と声色が異なる。なお、この現象はディズニー映画のジャングル・ブックも発生している。(蛇のカー役の声優が同じ)
 プーさんの真似とする方の大半は八代版なことが多い。ディズニー作品に親しみがある方ならこの人こそプーさんと謳うものの、ご年配の方や別の吹替に慣れた方には微妙らしい。2003年に死去。


亀山助清 三代目
 現在プーさんの声優。担当は2003年以降のプーさんの作品。キングダムハーツや3DCGのTVアニメに登場するプーの声はこの人。原版のジム・カミングスの声に似せた結果、八代氏の声色とはかなり異なる。2011年に完全新作のプーさんが公開された際、そのことに不快感を示す方が多数いたとか。2013年にプーさんの声優の訃報が流れた際は、彼ではなく八代氏が亡くなったのだと勘違いした方がいたとか。

 竹本(歌のみ)
 2007年以降に制作されたプーさんの挿入歌を担当する声優。本編で演技をすることはなかったのでノーカウント。また、劇団メインでかつ声優経験がないため、彼が後任になることはまずないでしょう。

追記 2018/8/12


 『プーと大人になった僕』の日本語吹き替え版のプーさんはかぬか光明氏が演じることが決定した。プーの吹替声優は亡くなって以降後任が未定の状態だった。東京ディズニーリゾート内で使用された音声も過去の資料から編集したちぐはぐのものでした。

 新たなプー役のかぬか光明氏は1980年生まれで現在38歳。2013年1月に亡くなった亀山助清から5年ぶりの正式な4代目声優となる。3代目の亀山氏は48歳〜58歳。二代目の八代氏は60歳〜70歳。初代の吉村よう氏は35〜37歳と、先代達の経歴を確認すると、今回のかぬか氏は初代以来の大幅な若返りとなる。

 かぬか光明さんは声優・舞台俳優として活躍しており、最近では谷育子さんに変わって二代目のパトリック・スターを務めたことで話題になった。パトリックの演技を思い出すと、間抜けな部分が目立つような声色を連想する。

 多少不安はあるものの、映画の公開が楽しみである。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事