私とカートゥーンと鈴と。: ミスタービーン Mr.Bean TAS

ミスタービーン Mr.Bean TAS

ミスタービーン Mr.Bean : The Animated Series
(英) 2002-2004, 2015- 60/100
原作 『Mr.ビーン』リチャード・カーティス、ローワン・アトキンソン
製作総指揮 ローワン・アトキンソン、キャサリン・シニア、ピーター・ベネット・ジョーンズ(シーズン1-3)、クリストファー・スカラ(シーズン4)
企画 クラウディア・ロイド(シーズン1-3)、トム・ビーティー(シーズン4)
編集 マーク・エドワーズ(シーズン1-3)、トーマス・エルンスト 1-3)、グラハム・シムコック(シーズン4~)、ルーク・ロビンソン(シーズン4~)
出演 ローワン・アトキンソン、サリー・グレイス、マチルダ・チーグラー、ソフィー・ルイーズ、ダン・ジョン・グローバー、ルパート・デガース、ゲイリー・マーティン、ロレーレイ・キング
音楽 ハワード・グッドール
制作会社 タイガー・アスペクト・プロダクションズ
シーズン5 全158話 継続中

 Flashを採用した"個人製作の"アニメーションと、実際の映像を元にアニメーションを描写するロトスコープの表現形態。これは一個人による経験談とその事実から導き出した憶測だが、アニメーションに興味のない一般の方から、それらは何かと馬鹿にされる傾向がある。アニメの魅力を削ぎ落としているだとか、不気味なだけのお手軽品だとか、作業を効率化させるだけで、コマ撮りや手描きやCGで製作された一般向けには敵わないだとか.... そんな意見を耳が腐るほど聴いてきた。

 また、最近カルロス・ゴーン氏が逮捕された影響で容姿の類似からMr.ビーンが話題となった。これらの事情から今回の作品は紹介するには今(2週間前)が絶好の機会だと悟った。ということで今回はアニメ版ビーンの紹介。

本編公式(Adobe Flash2002~2004


 熊のぬいぐるみを常に手放なさず、車に夢中で運転テクニックも抜群の腕前。どんな時でも無邪気に生きる、スランプスティックの表現を徹底的に追求したひょうきん者。それが、MR.ビーンだ。言語的情報を極力削除し、『トムとジェリー』を彷彿とさせる視覚的な面白さを描いた本作は、製作国の英国だけでなく世界各国で大ヒットした。九〇年代後半には日本国内でも、"日本人にそぐわない過激な描写を削除した"(女王陛下関連)上で一挙放送が実施されたこともあり、その人気が伺えるだろう。最近でも、Mr.ビーンで打ち出した方向性をより明確にし、題材をスパイ映画に変更したローワン主演の『ジョニー・イングリッシュ』シリーズが静かなブームとなっている。
 
 このアニメ版では主演・脚本・企画をローワン・アトキンソンが務めており、たかがあアニメとは侮れない。メディアミックス展開を嫌う原作ドラマや映画の大ファンは特にそう。スランプスティックを研究・実演するローワン・アトキンソンの拘りは半端じゃない。スタッフ全員が笑わなければ、監督がゴーサインを出しても何度でもリテイクを撮影する。大袈裟な動きも、化粧の濃い歌舞伎俳優らしい顔も、際どいけど理にかなうジョークも全て、英国・オックスフォード大学卒のローワンの計算の内。

 ビーンを演じたローワンがビーンのアニメを全面的に監修するのだから、ビーンファンが退屈になることはほぼないのだ。シナリオ作成、喜怒哀楽やそれに関連する動作、アニメーターへの指示、プレスコ(事前収録)など、あらゆる要素に彼の個性が残っている。

 難点は、本家の魅力の一つであった英国式ブラックジョークが見事に削ぎ落とされていること。(イエスの降誕祭に軍人の玩具でぶち壊しにする、女王陛下に頭突きKO等...) 本家の入門編として観れば、一癖も二癖もあるファミリー向けアニメとして家族で楽しめる一作である。

 また、後期の作品では画面上に映る全ての物体に対して、モーションキャプチャーを採用したことで全体的に不安定になってしまったこと。初期の作品では一話ごとにローワンが指示した動きを新規で制作していた。後期ではそれを、事前に入力したローワン監修の動作を元に、彼のモーションキャプチャーに応じてキャラクターが反応する作業工程に変更したのだ。アニメーターへの負担軽減を達成できたとはいえ、少々複雑な気持ちになる。両者ともローワンアトキンソン本人が監修しただけあって、”沈黙“を通した笑いは実写版に負けず劣らずの面白さ。子供への配慮として独り言や小言が多いものの、そういう仕様だと割り切れば気軽に楽しめる。

 日本国内では字幕が収録されたDVDやカートゥーン・ネットワーク等の衛星放送で視聴可能である。ただ、日本語による補足情報抜きで楽しみたいのであれば、youtubeのMrビーン公式アカウントで全編無料で視聴できるのでそちらがお勧め。
  

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事